有料老人ホームの選び方

有料老人ホーム入居の資金計画

有料老人ホームは介護保険がスタートしてから給付も行われようになり、以前より入所し易しくなったことから、入居希望者も段々と増えています。
給付が行われるよう になったとはいえ、有料老人ホームに掛か費用はそれなりの出費になるので資金計画 はとても重要です。

 

有料老人ホームの入居の際は、入居一時金の他に毎月の生活費、趣味や食事代、病院 の治療代など生活をする為のあらゆる面で掛かるお金が必要です。

 

入居時に支払う入居一時金は、終身利用権となっていて、自分が使用する部屋、施設 、施設内で受けられるサービスに支払うものです。入居一時金は大きなウエイトを占 めますが、名称が一元化されてないので施設によっては、施設協力金、入居保証金な どと呼ばれているところもあります。
金額も無料の施設から数千万から何億円の施設 まで負担額も施設によって違いがあるようです。

 

毎月掛かる費用として管理費が必要です。有料老人ホームで過ごす為のサービスや施 設の管理のために支払います。
その他に食費、光熱費、交通費や交際費などの個人的 に使うお金も必要です。
介護施設である場合には、毎月の介護費も掛かってきますの で確認しておきましょう。

 

有料老人ホームの入居を考えているならば、無理の無い自分にあった資金計画を立て ることがとても大切です。
有料老人ホーのタイプと施設の特徴と、経済的な面からも よく吟味しましょう。