有料老人ホームの選び方

有料老人ホームでの医療体制

有料老人ホームでは、行われている介護体制の他にも、医療体制の内容が気になるものです。有料老人ホームの医療体制は、複数の病院での提携により、一般の方と同様な医療サービスが展開されています。

 

医療サービスの多くは、健康相談、定期健診、予防接種、そして緊急時での対応になっていますが、一部の有料老人ホームでは、リハビリのサービスも受けられるようです。

 

有料老人ホームで配布しているパンフレットには、提携先の病院、協力病院の名前が記載されています。
ところが、病院名の記載があっても、診療科目が不明なこともあります。
なので、提携先の病院に希望する診療科目が設置されていることと、そして、設置されていない時の対処方法を予め確認しておくようにしましょう。

 

有料老人ホーム入居後に入院または、通院が必要になった場合の対応方法も聞いておくようにしましょう。
重要事項説明書には、医療体制の件について触れられていますが、対応方法は施設によって異なるものなので、事前に確認しておくことが重要で、未然にトラブルを防ぐためにも必ず行いましょう。

 

また、入居者が医療行為を必要としている場合は、有料老人ホームに医師、看護師が常駐されていることが第一条件です。医療行為の条件として、医師、看護師、家族でないとその行為は認められていません。
そのためにも、看護師が常駐しているかの確認は重要なのです。