有料老人ホームの選び方

有料老人ホームといわれる施設

有料老人ホームといわれる施設は、各都道府県知事に届出をし、老人福祉法に基づいて運営されされています。

 

有料老人ホームは、常に10人以上の高齢入が入所している必要であり、日常生活の補助や入所高齢者に食事の提供などをする手助けをしている施設です。

 

平成14年10月から大きく分けて、3つのタイプの有料老人ホームに分けられ、入居条件、介護サービス、介護保険の適用などがそれぞれ違ってきます。入居する為には、高齢者の健康状態やどの程度の介護が必要かなどによって異なるので、入居者に適した施設を見極めます。

 

健康型有料老人ホームは、介護の必要がない高齢者の方に適していますが、介護保険の適用が聞かない為、介護が必要となった場合には退去しなければなりません。

 

介護つき有料老人ホームでは、典型的な老人ホームとして知られていますが、施設内でスタップの介護サービスや各サービスが受けられます。要介護、介護が不要な方両者が共存してるタイプの施設です。

 

住居型有料老人ホームは、介護が必要か否かに関わらず入居は可能ですが、介護が必要な場合は外部の介護業者に依頼する必要があります。
有料老人ホームで掛かる費用は、すべて利用者が支払う契約になっているので、入所前に費用などもいらべておく必要があります。