有料老人ホームの選び方

有料老人ホームで起こるトラブルの原因

有料老人ホームに入居して、一番多いトラブルの原因は金銭面の事です。

 

有料老人ホームが民間で運営されるようになり、有料老人ホームの数が増えた分、自分に合った施設を選ぶことができるというメリットはありますが、それだけ金銭に関するトラブルや契約に関するトラブルの数も増えています。

 

有料老人ホームでは、入居に際して入居一時金というのを収めなければいけません。また、入居後は介護費用など、施設側から請求される不透明な費用に疑問を持ちトラブルが起こる原因となるのです。

 

入居一時金がどのように使われているのか、退去時には戻ってくるのかなど確認すべき点は入居前にしっかりと確認しておかなくてはいけません。

 

また、有料老人ホームで必要とされる、家賃、食費、管理費などは入居前には説明を受けているはずですし、料金詳細は有料老人ホームのパンフレットなどに重要事項説明書として載せることが義務になっているので、全く知らないということはないはずです。

 

しかし、トラブルが起こってしまうのは、決められた介護サービス以外のサービスを受けることが、請求される費用にプラスされている為に高くなっているのです。

 

介護保険内での介護サービスを受けるのであれば、どの程度までが介護保険適用範囲内なのかを確認することが大切です。
また、入居の際に少しでも疑問に思うことがあれば質問し、トラブルが起きないようにしておくと良いでしょう。