有料老人ホームの選び方

有料老人ホームで受けられる介護

有料老人ホームでは、色々な種類の介護が受けられます。この介護保険サービスの対象者は、市区町村の認定を受けた方に限られています。

 

介護保険サービス認定区分に関しては、平成18年に改正されており、6段階の区分から7段階の区分へと改正されています。
認定区分が要支援1及び2の場合は、新予防給付サービスの対象者となり、食事、排泄など基本的な生活行為は問題なくても、要介護に対する介護予防を強化していることで、支援を必要とするものです。

 

要介護の区分は、1〜5段階になっており、全てにおいて介護給付サービスが対象になっています。

 

要介護の1〜5の認定を持っている方は、有料老人ホームでの施設サービスを受けることが可能です。
施設の例としては、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設などがあります。

 

関連性については、介護サービス、介護保険は密接なものがあり、支援される範囲を分けて設定しています。
要介護の区分により、施設サービス及び在宅サービスでは受けられる内容が異なるので理解しておきましょう。

 

有料老人ホームで行っている介護サービスの内容は、食事、排泄の支援だけでなく、清掃、洗濯、各イベントの開催、さらに代行で買い物に行くこともあります。
サービス内容の詳細は、有料老人ホームの施設を訪れた時に確認してみましょう。