有料老人ホームの選び方

有料老人ホームを退去する理由

有料老人ホームに入居する人は、老後の生活を幸せに楽しく暮らしたいという願いを持って入居します。

 

しかし、入居後にやむを得ない理由から退去する人もいますので、有料老人ホームを選ぶ際は慎重に行わなくてはいけません。

 

退去理由として多いのが、サービスへの不満です。
有料老人ホームに入居すれば介護サービスを受けることができます。しかし、常時スタッフが傍についていてくれるわけではありません。また、提供できる介護サービスにも決められた範囲がありますので頼めば何でもしてもらえるということではありません。

 

有料老人ホームに入居すれば何でもしてもらえるものだという考えを持ったまま入居すれば、認識の違いからサービスへの不満を感じて退去するという結果になることがあります。
もう一つの退去理由として多いのが、入居後の健康面の問題があります。

 

有料老人ホームでは、介護サービスは受けることができますが医療行為を受けることはできません。
その為、持病を抱えて入居した人の中には、入居後に病状が悪化したり、入院を必要とする病気にかかったり、老化に伴い医療行為が必要となったなど、長期間に及ぶ入院を余儀なくされた時にはやむを得ず退去しなくてはいけなくなります。

 

これらのような退去理由を踏まえたうえで、有料老人ホーム選びをすることも大切です。